FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の弥次さん喜多さん - 注射器が似合う男 中村七之助

なんとなく借りてきてしまった。

真夜中の弥次さん喜多さん
監督:宮藤官九郎
出演者:長瀬智也、 中村七之助、 小池栄子、 阿部サダヲ
レンタル開始日:2005-10-07

Story
しりあがり寿の原作漫画を映画化した宮藤官九郎初監督作品。バイクにまたがり、時空を超えてお伊勢さまを目指して飛び出した弥次さんと喜多さんが珍道中を繰り広げる。長瀬智也と中村七之助をはじめ、小池栄子、竹内力など豪華出演陣が好演。 (詳細はこちら


う~ん。やはり実写化は不可能だったのかなぁというのが見終わった感想である。
漫画はとても面白かったけれど実写にしてしまうとなんだか安っぽくなってしまうのかな。それをカバーするための配役とセリフの勢いで押した感があるなぁ。

ドタバタな映画だとは知ってはいるけれど全体的に滑っている感じがして見ていて痛々しくて辛くなってしまった。

その上、途中で飽きてしまって、どうしようかなぁと思ったけれど、感想を書こうと頑張ってみてしまった。小学生が感想文を書かなければいけないから好きでもない内容のテーマを読む心境に近いのではないだろうか。


唯一、この映画でよかったところといえば、中村七之助のヤク中っぷりであろう。
特に、本編開始直後の注射を打っているシーンは彼でなければ出来なかったのではないだろうかとすら思えてきた。彼は注射器とクスリが似合う男だ。原作に一番近づけていたのは彼だったと。

さすがは歌舞伎者である。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。